人間らしく育つ秘訣 絆づくりの基礎となるベビーウェアリング

スリングの賢い選び方

スリング

近年、育児用品の普及に伴い、様々なタイプの抱っこひもやおんぶひも、スリングを見かけるようになりました。初めての出産で子供の扱いに慣れていない方は、どんな基準で選べば良いか分からず、購入に不安をお持ちではないでしょうか?

子供と抱っこひもの相性が悪かったり、用途に合わなくて使いこなせなかったりして、結局失敗に終わってしまった・・なんてことも珍しくありません。皆様の購入費が無駄にならないよう、スリングの賢い選び方についてご紹介いたします。

利便性の高いもの

利用するシーンを考慮したスリング選びを意識しましょう。寝かしつけや家事の合間、散歩や買い物時など、babywearing(布を使って抱っこ・おんぶすること)が必要な場面は多々あります。

スリングで赤ちゃんを固定すれば両手が空きます。荷物を抱えながら移動することも多いので、着脱がしやすいものやコンパクトで携帯性に優れているものがおすすめです。軽量であれば、お母さんの肩や腰への負担も軽減されます。

サイズ調整ができるもの

babywearingで子育てをするのはママだけではありません。最近では「イクメン」という言葉も浸透し、抱っこひもに抵抗を感じない男性が増えてきました。リングスリングであればサイズの調整ができるので、夫婦での兼用が可能です。パパ・ママだけでなく、お子さんの体の成長に合わせてサイズを微調整できるので、長期間使えて経済面も安心です。

肌に優しい素材

赤ちゃんのお肌は大人に比べてデリケートです。オーガニックコットンなど、お肌に優しい素材を選ぶようにしましょう。また、通気性に優れたものは、汗っかきな赤ちゃんを優しく包んでくれます。繊細な肌をいたわる薄くて丈夫な素材を選び、快適な空間を提供してあげましょう。

▲ページTOPへ